*min*の詳細プロフィール

はじめまして!

そして、ご覧いただき、ありがとうございます。

神戸住まいのアラサー主婦、*min*と申します。

 

このページでは、私*min*の詳細プロフィールや経歴などを書いていきたいと思います。

 

 

ハンドルネーム:*min*

生年月日:1986年8月31日(乙女座)
五黄の虎年らしいです。
そんなにキツい性格だと思っていないんですが、自分では気づいていないだけでしょうか・・・

 

血液型:B型

 

出身:神戸市
海にも山にも近くて、おしゃれなスポットも多い神戸がめっちゃ大好きです。
小、中、高・・・
生まれ育ったのは神戸の軽井沢とも言われる(!?)北区。

 

大学は関西福祉大学です。

在学中は赤穂に住んでいましたが、卒業してまた北区に帰ってきました。

で、一人暮らしで街(兵庫区)に出てきて、現在の夫と2年ほど中央区に住んで、子どもが生まれてまた兵庫区に引っ越してきました。

 

家族構成:4人家族(2017年2月追記)
ちょっとこだわりが強いところもありますが、気が利いて、すごく優しい頼れる7つ上の夫と、

2015年1月生まれの「甘えん坊・食いしん坊・暴れん坊・寂しん坊」な長男、

そして、2016年11月生まれのまだ性格がわかりかねるぐらい幼い次男。

4人で穏やかな毎日を送っています。

 

持っている資格:社会福祉士、介護福祉士、秘書検定2級・3級、漢字検定2級、普通免許、普通2輪免許
福祉の大学を出て、何とか社会福祉士現役合格できました。

介護福祉士は働いて5年経ってから取得。

勤めていたころは福祉に関する情報を仕入れるようにしていましたが、今は結構遠ざかっています^^;

 

バイクは小さいころから父親の中型バイクの後ろに乗るのが好きで、普通免許を取るときに一緒に取りました。

大学時代は50㏄のスクーター(レッツ4パレット)を乗り回していましたが、卒業し、免許を取ってからは父親のビックスクーター(フォルツァ)を譲り受けて楽しく乗っていました。

一人暮らしを始めてからしばらくバイクは乗ってないですが・・・次に乗るのはいつのことやら。

 

2014年、妊娠中ではありましたが、日本コーチ連盟の修了証書をいただくことができました。

とても興味ある分野だったので、毎回のレポートが働きながら&妊娠中で体力的に大変だったり、最後の課題をクリアするのに時間がかかったりしましたが、楽しく学ぶことができ、良かったです。

自分の内面を垣間見て強みや弱みを知ったり、傾聴に関するスキルを学ぶというのは、生活の中で役立っていると思います。

 

2016年2月、言葉遣いなどのビジネスマナーを改めて学びたいと思い、秘書検定を受験。

無事に、2級、3級を取得するとこができました。

 

好きなスポーツ:卓球、バスケット、ウォーキング(スポーツっていうのかな?)

 

趣味:
読書
小説もたまに読みますが、多くはビジネス書や自己啓発系の書籍です。

音楽を聴くこと
洋楽、全盛期のボカロソング、ダンスミュージック、2000年代までの邦楽、ピアノやギターのBGM、ENYAなどのヒーリングミュージックなど幅広く。

歌うこと
小さいころから歌うのが好きで、ヒトカラもよく行ってました。

ボイストレーニングにも、出産1か月前までの3年間ほど通っていました。

イラストを描くこと
これも小さい頃から好きで、結婚するまではサークルに入って漫画やイラスト描いたり、コミケなどのイベントにも何度か参加していました。

歩くこと
1~2時間ぐらいなら平気で歩けますね~。隣の駅まで徒歩30分以上かかってもたまに歩いたりします。

 

「自分嫌い」「ネガティブ思考」な自分を読書とセルフコーチングで克服

 

小学生の頃から、「自己啓発」にとても興味を持ち、暇があれば本屋か図書館に通っていました。

というのも、「自信がない」「ネガティブ思考」「友達付き合いが苦手」というところを治したかったんですね。

 

「一人っ子はわがまま」と言われますが、「一人っ子やろ?」と言われたことはありません。

いつでも大人の顔色をうかがうタイプの子どもでした。

「いい子」でなければならないという思いが強く、でも、そんな自分が好きじゃなかった。

だからこそ、「自分を好きになる方法」「ポジティブになる方法」といったものに興味関心を持ったんだと思います。

 

自己啓発系の本は大分読み漁って、セルフコーチングのような書き出しワークを自己流ではありますが何度も行ったり、自分を振り返る機会を多く持ったことで今は「自分嫌い」を克服しています。

ただ、「やらねばならない」「できなければならない」「できない自分はダメなやつ」そう思って焦ったり、落ち込んだりする自分はまだ時々顔を見せます。

ですが、「まぁ、こんな自分でもいいよね」って受け入れることが以前よりできるようになりました。

自己啓発本を読むと、穏やかで明るい気分を維持できるので、今でもよく読んでいます。

 

あと、勉強法やビジネス書や能力開発のノウハウ書籍を読むのは趣味の一つです。

学生時代は、勉強をするより「勉強方法」や「ノートの取り方」などをチェックしたり取り入れたりするのがとても好きでした。

いわゆる「ノウハウコレクター」というやつですw

心理学やカウンセリング、NLP、能力開発、潜在意識関係、引き寄せの法則なんかも気になって読んでしまいます。

読むのが楽しいですね。

 

救護施設、高齢者デイ、そして「笑顔プロデューサー」

 

福祉の4年生大学を卒業し、入社したのが「救護施設」というところです。

あまり馴染みのない名前ですよね。

救護施設は、身体障害のある人(視覚障害、聴覚障害、肢体不自由などさまざま)、知的障害のある人、精神障害のある人、それらの障害を重複して持つ人、アルコール依存症の人、ホームレスの人など、経済的な問題も含めて日常生活をおくるのが困難な人たちが、健康に安心して生活するための施設です。

ここでは、利用者さんの援助を始め、多くの学びがありました。

そして、職場に行きたくなくなるぐらいのストレスを抱えたこともあります^^;

でも、周りの先輩や同期の助けがあり、何とか頑張れていました。

 

ですが、職場にいる時間が長く、実家に帰ってもただ寝るだけだったり、実家だからこその甘えもあったりで、家事などの「生活していく力」・・・自活力がほとんどない状態でした。

親元を数年離れていた大学のときにもっと頑張れば良かったんですが、「不器用だから」という言い訳にもならない理由で、
料理を筆頭に生活していく力を養わなかったのが大きな失敗。

当時、結婚しそうな流れになっていた彼から、

「君と生活していく姿が全く見えないから、結婚はできない」

「万一結婚するにしても、別々の家に住んで週末だけ会うとか、そんな感じにしたい」

と言い渡されてしまったのです。

 

これには、大きなショックを受けました。

でも、確かに当時、「自活していけるか?」と自分に問うたときに、全く自信がありませんでした。

「今まで、家事が苦手だってわかっていながら何で頑張って克服してこなかったんだろう」

大いに落ち込み、反省しました。

 

そして、決断したのです。

 

「もっと、家のことができる環境に自分を追い込もう」

 

その彼とは、お別れしました。

夜勤もあって、生活リズムも作れず、私の仕事の能力ではどう頑張っても毎日数時間残業せざるを得なくなるその職場は、退職しました。

そして、日中のみのお仕事・・・高齢者デイサービスの生活相談員に転職しました。

さらに、一人暮らしを始めました。

 

一人暮らしを始めると、料理などのスキルやその他の家事スキルは必然的に少しずつ磨かれていきました。

また、一人の時間を有意義に使えるようになってきて、一人カフェを楽しんだり(当時は北野坂のスタバによく入り浸って、自分の内面と向き合ったり、読書を楽しんでいました)、ギターやボイストレーニングなど、自分の好きなことをもっと学びたいと思い、習い始めたりもしました。

 

そうして日々、ある意味必死で自分と向き合いながら自活力を高めていると、ふと頭の中に浮かぶ言葉がありました。

それが「笑顔プロデューサー」

 

私は、人が笑顔になるのを見るのがすごく好きだな、と。

自分が持っているスキルを磨いて、それが誰かの笑顔に役立てるのなら本望だな、と。

その日以降、人生のミッションとして、「笑顔プロデューサー」であろうと決めたのです。

 

このブログを見に来て下さった方に笑顔になってもらうため、私が提供できるもの。

それは、毎日笑顔で過ごすための考え方やものの見方、自分磨きの方法などなど・・・

今まで書籍で読んで学んできたことをここで発信することにしました。

他にも、育児で気づいたことや、「これ、買って良かったなぁ」と思ったもの、行って良かったお店やスポットなども発信していきたいと思います。

 

 

少しでもあなたの「笑顔」にお役に立てるのなら嬉しいです。

 

 

よろしくお願いいたします。

 

facebookとtwitterやっています。

興味を持って下さった方、フォローや友達申請、歓迎いたします^^

⇒facebookはこちら

⇒twitterはこちら

 

 

 

コメントは受け付けていません。